Woman.excite
栫井利依(かこいりえ)の「美人の極意」

心理学をもっと身近な存在にする!「内面育成メソッド心理学協会」代表
私らしい美しさを目指して生き、自分哲学を極めます

【募集】「内面育成メソッドを教える講師養成セミナー」
最新の心理学の知識を統合して学び、自分の心をの作られ方・育て方を学びます。
イライラしがち、モヤモヤする方は3カ月後には突き抜ける事ができます(10月東京・11月大阪)

【募集】「栫井利依★特別個人セッション」
声紋分析、心理分析、直観リーディングと3つの視点からセッションします
7・8月即満席。9・10月は残2枠です

地震を通して何を思うか、どう影響されているか、何を祈るか

テレビでは24時間体制で東北地方太平洋沖地震のニュースを流しています。

うちから15分車を走らせれば千葉県。
わずか15分の距離で、水道からチョロチョロとしか水が出ないそうで、
江戸川区のスーパーを片っ端から回ってお水を探し求める車がいっぱい。

あれ?こんな道が渋滞している・・・と思うと、ガソリンスタンド渋滞。

夜は、コンビニやファストフード店は、看板の照明を落として節電。

テレビを見ると、家族を捜す映像や底冷えしそうな体育館に避難している人。

そんな中、ようやくヘリコプターが来て救助された
80歳くらいの男性が、ものすごくキレイな笑顔で言っていた言葉があります。
「災害を経験するのは二度目です。大丈夫、またやり直せますから。ありがとう。」

戦争や災害など、人生の環境的苦難を生き抜いてきた心があるから、
出てきた言葉。その清々しい笑顔。
人間の強さ、生き抜くことの強さを感じて、感動しました。



私の師匠の一人、村山幸徳先生はこの状況でも全国でセミナーをしていますが、
掲示板にて
  「総理が会見でお話しされましたが、
   日本の底力を発揮しなければなりません。
   こうしたときほど、われわれ庶民の結束が大切ですね。」
とおっしゃっていました。


本当にその通り!
津波の影響で、多くの地域が地盤ごと作りなおす状態になっている。
物理的な面だけでなく、制度・経済・あらゆる基盤を作り直し、
団結して全員が一刻も早い立ち直りをしなくては!って思っていると思う。


(TPPへの参加、もうするしかないだろう!って思う。
 農業の制度事体、このタイミングで根本から見直して作り直すしかないよね)


知人のブログを見て知ったのですが

 ・NHK、個人のUST配信者に再配信を許諾
 ・メトロが終日運行
 ・多くの人や企業や店舗が場所とか食べ物を提供
 ・大渋滞で青信号になっても1台しか車が進まない状況でも、
  クラクション鳴らしたり、マナー違反をする人が10時間いても出なかった
 ・海外だと震災があると、モノを盗んだり、暴動がおきたり、
  あちこちで喧嘩が絶えないそう。そのため、警察も威圧的な態度をとる。
  しかし、日本人は物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、
  そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。
 

日本人って、素晴らしいではないですか!!
 → 関連記事:元気の出るつぶやき(転載)


「泣き叫んでも仕方ない。今は耐える。待つ」と決めて、
静かに避難所で過ごす日本人の姿。
心を表情に全面に出すと、他の人たちへの影響が強い。
つながりを意識して、隠れた思いやりを大切にしてきた日本人ならではの映像だと思いました。



そして、ボランティアしたい気持ちはあっても、無理に押しかけるとよくないので、
待機中の人、様子を見守って準備をすすめている人も多いようです。


私に何ができるだろうな・・・と思います。
まずは日常をきちんと過ごすことが大切で、言われた節電は積極的にすること。
Amazonが募金窓口を作ってくれればすぐやるのだけれど、まだないのでコンビニ募金ができることかな。


募金情報まとめ ↓
  http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin



今日・明日で、水曜日の研修内容が変わったので、
新しくプログラムを作る予定なのですが、どこか心が浮ついています。


その浮つきを抱きしめながら、今日を生きて、
自分が何を思い、何を感じ、何を影響されるかを、よーく見ておきたいと思う。



きっと、誰もが今回の事で、何かを変えていくタイミングだから。


【最新★セミナー一覧はこちら】>>

by kakoirie | 2011-03-14 07:07 |  ∟つぶやき | Comments(0)

ブログトップ | ログイン


【内面育成メソッド
心理学協会】

--------------------------

心理学を仕事、子育て、自己実現に使いたい人を支援していく協会です

kakoirieをフォローしましょう
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム