Woman.excite
栫井利依(かこいりえ)の「美人の極意」

「内面育成メソッド心理学協会」代表
心理学を超え、直感で生きることの美しさを目指して生きていく

エキサイトさん。ありがとうございます。スキンが修正されました!
 

大人と子どもでは時間が全然違う

待つ時間・・・
制御しつづける時間・・・ 


きっとこれが私にとっての子育ての難関。 


昨日は保育園をお休みにしたことだし、
「朝ごはんを食べたら外へ少し遊びにいこうね」と言っておりました。


こどもくんも、ノリノリなのですがね、 
10時に朝ごはんと歯磨きが終わりました。

で、いつもは
「時計を見て!針がどこにきたら出かける?」だの
「早くしないとお昼になっちゃうよ。」だの
「持っていくおもちゃをリュックにいれて」だの 
とにかく”せっつく”わけです。


促しているっていうよりトントンせっつくわけ。  

で!
今日はためしに
「時計見て!あれから1時間たったねー」とかのサインは送るけど、一切こちらで誘導しないで様子をみてみました。
 


すると・・・ 
なんと、家を出たのは13時!

【10時に支度をほぼ終えても、子供タイムだと13時!】 


何だろう・・・
この子供の時間の流れ方。


とにかく大人がもつ時間の使い方と恐ろしく違うわけ。
(当たり前なんだけど、びびった)  

あらためて考えるとすごーーく不思議。 


大人の時間の感覚だと、
「支度したから行く」と無駄がない。

多少ぼやーっとしても10分くらいで靴を履く。 

それが、本来の子どもの時間だと3時間で靴を履く。

この3時間は私から見ると、
何かに集中して遊んでいるわけじゃないから、脳が活性化しているようには見えず、
「好きに過ごしている」ってだけなのですよね。  


うーん、例えて言うなら、
まるで、引っ越しの段ボールづめ。


片づけているつもりが、
ついつい、出てきたものを見て懐かしんだり、
「そういやあれどこいった?」と関連するアイテムを探してみたり、
あ、この辺はもうこのタイミングで捨てるか・・・と捨てるものを選別しているはずが、また、思い出にふけったりで、気がつくと「あれ、全然段ボール詰め終わってなかったわぁ」みたい状態。 


子どもも、
「あれ?もうお昼すぎちゃったの?」
「おかしいーなー、なんか変だなー。今日は時間が短い日なの?」くらいの勢い。


大人と子どもでは時間が全然違う。
だから世界が全然違う!


当たり前なんだけど、昨日は妙に驚きまくった!!  


子どもの目線で生きるとか、想像するって、もはや大人には難しいんじゃないかって気が本気でしています。

あまりに、ちがう時間と世界でいきているものね。 

でもね、
「もう夕飯の支度しないとけいないから帰ろうよ」というのは、全力でうまいこと進めたいママです(笑)
※どうでもいい語り・・・でした

d0169072_13142515.jpg



【最新★セミナー一覧はこちら】>>

by kakoirie | 2016-12-27 23:00 |  ∟つぶやき | Comments(0)

ブログトップ | ログイン


【内面育成メソッド
心理学協会】

--------------------------

心理学を仕事、子育て、自己実現に使いたい人を支援していく協会です

kakoirieをフォローしましょう
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム