Woman.excite
栫井利依(かこいりえ)の「美人の極意」

心理学をもっと身近な存在にする!「内面育成メソッド心理学協会」代表
私らしい美しさを目指して生き、自分哲学を極めます

開催セミナー情報
・ 【募集】「栫井式★内面育成メソッドを教える講師養成セミナー」
    最新の心理学の知識を統合して学び、全てに生かす!
・【お知らせ】栫井利依は2か月間休業します。7月より活動再開予定です。

ワコール様、リリース内にてコメント

ハワイに行く直前のお仕事は、
ワコールさんの「第2の勝負下着」に関する意識調査に関するコメントでした。
d0169072_08130559.jpg

 
リリースに掲載できなかったのですが、
勝負時に

・鼓舞するために、緊張を利用してやる気にするのが男性
・緊張を緩和して、安心の中から前進するのが女性
 
と考えています。

一般的な会社では「緊張やプレッシャーに打ち勝つ」事がビジネスマンのスキルですよね。

緊張状態は、心的状態は、男性ホルモンの「テストステロン」によって
積極性や前向き思考になりますので、本来は男性に優位なスキルなのです。
 
女性の場合、意見を戦わせる(ぶつける)より、
あらかじめ個別に関係者にヒアリングすることで人前での戦いを避け
全体の和を重んじる方が性分にあっています。

対決より親和。
女性は仲良くなってから話の本題に入る方が自然なので、
会って5分で本題を話すことや、制限された時間内で
情報中心に伝えるだけでも緊張があるのです。

 
その女性が、「プレゼンする」「面談する」時には、
得意の方法がとれずにイキナリ真向勝負になります。
相手との勝負の前に、自分の緊張との折り合いが先!

男女ともに共通ですが、女性の方が緊張に弱いので、
うまくやるには、先に緊張している自分を緩和させること。
気合い より 安心させる!のです。
 
すると、集中できます。

 
そのために、

・メイクや洋服で気合いを入れて自己イメージを高めるの
・身体を少し締めるってことで肉体を感じられる状態にする


人間は緊張すると腕を触ったり、足をさすったりしますよね。
それって身体を実感することで緊張をほぐしているのです。


例えばね、緊張している時は、
狭い場所に入り込んで身体をギュっと締め付けたくなりません?
ショックな時、布団にくるまって、ギュっとすると落ち着くでしょ?



そんな身体と心の関係があります112.png



そう考えると、女性にとって女性ホルモンが分泌される腹部をあたためたり、
腰全体を適度な圧力で締める事は安心につながっていくように思います。
 

ガードルだけでなく、腰回りにカイロや
火を使わない温熱灸シールで温たかさを実感することもよいように思います。



■ワコール リリースサイト
【働く女性の「勝負下着」に関する実態調査】仕事における勝負下着「第2の勝負下着」はガードル!





【最新★セミナー一覧はこちら】>>

by kakoirie | 2017-03-31 20:01 |  ∟テレビ・メディア | Comments(0)

ブログトップ | ログイン


【内面育成メソッド
心理学協会】

--------------------------

心理学を仕事、子育て、自己実現に使いたい人を支援していく協会です

kakoirieをフォローしましょう
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム