Woman.excite
栫井利依(かこいりえ)の「美人の極意」

「内面育成メソッド心理学協会」代表
心理学を超え、直感で生きることの美しさを目指して生きていく

エキサイトさん。ありがとうございます。スキンが修正されました!
 

起業すると格闘することになる「だらけ心」

起業すると「だらけ心」との格闘があります。

  
会社勤めの時代は、二日酔いでもボケ―っとしていても、
出社さえすれば周りの目もあるしシャキっと見せる。

「面倒だなー」っと思いつつもPC起動して、
メール対応からスタートしていくうちにエンジンが入る!
つまり、会社に行きさえすれば仕事モードになった。
 

今現在は、私は法人化しているとはいえオフィスはない。
デスクワークはほぼ自宅で行います。
 
その場合、自由だからチャンスを活用できる。
例えば、天気がよい日は、わくわくと洗濯して布団を干して、
毎日の習慣である玄関の塩水拭きをして、
さらに床も拭いてぴかぴかにしてからスッキリ!快適!
その気持ちよさをもって「さ!仕事するか」となる!
「うーん、超満足~!自分で仕事するって本当にいいわー」って思う。
 

しかし!!
自由は自己規律なくして成り立たない!


特に「だるい、やる気ない」という時の見極めが難しい。
「だらけてる」のか「本当に疲れて教養が必要」なのか・・・です。

 
昨日は朝からやる気なく、だるかった。
前日の疲れが響いていたことは確かだけど、
パソコンに座ればすぐ仕事スイッチオンにできる自分も知っている。
 
 「知っているけど・・・今日予定している仕事は気がのらないのよぉ。
  でも、「私はやる!」と決めた仕事だからやらんとなぁ」


とか思うわけ。
  

 「だるい・・・
  とりあえず1時間ソファに横になろう。」


と横になったら、思ったより疲れている「ような」気がする。

 「ああ、やっぱり疲れているんだわ、私。
  明日、挽回すればいいから今日は休むか?」


と自問自答。
 
 「いや、どう計算しても、それでは質が落ちる。
  2日間かけたほうがよいのだ。プライドあるでしょ!私。
  いやぁ、そんなに頑張らなくっても・・・」

 

決めきれず、
「ちょっとスキャニング瞑想するか」「つづいて台湾の棒体操するか」と、

前向きそうな後ろ向きをしてみる(-_-;)。

 

最終的に、意志の私が勝ち「やる」となった。
時計は12時を過ぎていたけれど(笑)
 
 
こういうとき、会社という場さえあれば
ロスなく同じ成果が出せるのにな・・・と思う。
 

仕事がノリノリの時期だけじゃないから、
結構この「だるいぃ」という声を破棄することが
ついてまわるよなーって思います(笑)


私が最終的に「だらけ心」に打ち勝ったのは、
ミッションを遂行するため!です。


そう。
私がやろうとしている事がある。
そのための人生だと、そのためのエネルギーを出すと決めた!
すなわち、面倒くささや好き嫌いといった枠を超えています。
(超えていても「だるぃ」が出るのが人間ですよね)


まだ見ていない世界だけれど私は実現する!
私は女性に自分のライフステージにあった必要な考え方を届けたい。
自分の心と話し合って、どうやって生きていこうか!と考える機会を提供したい。
新し女性の生き方が試されている今、流れに対応していく女性の応援をしたいのです!


そのために!「私は10年間セミナー事業」を継続し続け、
ある意味では成功させていただいた。

 月10日 セミナーやセッションをする
 月10日 家族との時間をもつ
 月10日 学びや美といった自由な時間
 それでも、月〇〇万円の収入!


なぜ、その夢が叶ったか。
こーんなやりたい方法でしか動いてこなかったのに。

なぜなら、「その次が本当のミッションだからなんだ」と思うのです。
そう、来年からの私が本当の役割や使命だと思っているのです。


その気持ちが、
ごちゃごちゃ言う、人間としての表層意識を黙らせるのです。



それが「決心」というものです。


自分のすべての細胞をつかって決める事。
それが決心!
頭で決めた目標ではなくて、そうだと感じる方向だから、
決して力んでいるわけじゃないの。

「意識」は力んでないのだけれど、
「細胞」はしっかりロックオンされているような感じ。



「だから、よし!やるぞ。切り替えるわよ」と自分にエールを送れます。






【最新★セミナー一覧はこちら】>>

by kakoirie | 2017-09-20 13:25 |  | 栫井流の生き方 | Comments(0)

ブログトップ | ログイン


【内面育成メソッド
心理学協会】

--------------------------

心理学を仕事、子育て、自己実現に使いたい人を支援していく協会です

kakoirieをフォローしましょう
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム