Woman.excite
栫井利依(かこいりえ)の「美人の極意」

「内面育成メソッド心理学協会」代表
心理学を超え、直感で生きることの美しさを目指して生きていく

エキサイトさん。ありがとうございます。スキンが修正されました!
 

年長さんのリレー、負けが確定して泣きながらアンカー走る

保育園、最後の運動会が9/30(土)に開催されました~

みんなの成長とか
クラス全体で感じられる熱意に魅入られて、
この入場前のシーンだけを撮影し、目に焼き付けました。
d0169072_13332477.jpg
よく考えれば、外部からカメラ入ってるので
後から一眼レフの素敵な写真が買えるのです。
なのに、なぜか携帯カメラで撮りたくなっていた自分が不思議です。
 
年長組さんなので登場回数もNo.1

1.オープニングの鼓笛隊
2.徒競走
3.竹馬&跳び箱
4.組体操
5.リレー
 
最後のリレーは、子どもたち、親も・・・涙なみだでした。

26名を紅白にわけて丸いバトンでつなぎ競います。
毎日のようにリレー練習をしていましたが、
先生たちも上手く配分してくださっていて、
練習の勝率はいつも50:50.

練習でもアンカーの子は、負けると泣いていたほど、
子どもたちは一生懸命に練習したそうです。

あえてアンカーに一番早い子を持ってこない作戦も、
何か考えがあっての演出だと思うので、
恐らくクラスNo.1か2のうちの子がアンカーじゃなかったら、
ダンナ―は超残念がっていましけどね。

本番!
中盤までは接戦だったのですが、
途中、敵チーム(白チーム)がバトンミスをして差がつき、
後半では転んでしまう子がいて、丸1週分も差がついてしまったのです。

負けが確定しているのにバトンを渡されたAくんは、
大号泣しながらバトンをもらって走りました。
白チームの女子の半分は、すでに泣きまくっている。

その姿をみて、「がんばれー!Aくーん」と保護者大声援!
アンカーかっこいいぞ!みんなでつないだバトンだもん!
Aくんが全部請け負ってゴールにもっていって!
「すっごくカッコイイぞ!!!」そいう言いながら、
号泣する私たち

運動会の最後の演目だったので、
その後の閉会式でも、負けた園児は泣いていて・・・

もう、なんとうか
君たちの純粋さに私は泣いた!




d0169072_13503892.jpg
写真:赤谷湖 鯉のぼり©松田 大介、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)
 

みんな、がんばったね!
一生懸命になるって、純粋で素晴らしい。

 

 純粋に生きる。純度を高める。
 精神の純度を高めると
 魂の輝きに近づくのではないか。
 
 美しく生きるってこういうこと。



そう感じました。


かっこよさとか、勝ち負けじゃなく、
「やる」と決めたことを丸裸にやりきること。
全力を出すと決めたら何も考えず一番の力を出して成し遂げること。
  
  
言い訳なし!結果はゆだねる!結果と自分の価値や実力は関係ない。
その姿こそが美しい。感動を呼ぶ。
思い出しても、まだ感動がイキイキ蘇ります。




その後、運動会の様子を1枚の絵にしたためた作品を見て、
また私は胸がいっぱいに。

(後日ここに張りますね)

中央に、一番大きく書いてあるのが白チームアンカーのAくん。
その横に、白チームで一番足の速い親友のKくん。
脇に、うちの子が存在していまし。

わかっていたんだね。
「赤チーム勝った!」と笑顔で喜んでいたけど、
敵チームが悲しい負け方をしたこと、
そのことの方がずーっとずーっと心に響いている。

その微細な気持ちを表現できないから
言葉にはできないけれど、
こうしてお絵かきすると すごく伝わってくる。


優しい子に育っているんだな。
気持ちがわかる子になっているんだな。


そう思って、ママはまた涙でございます!!







【最新★セミナー一覧はこちら】>>

by kakoirie | 2017-10-06 13:31 |  | ダンナー・Baby | Comments(0)

ブログトップ | ログイン


【内面育成メソッド
心理学協会】

--------------------------

心理学を仕事、子育て、自己実現に使いたい人を支援していく協会です

kakoirieをフォローしましょう
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム