Woman.excite
栫井利依(かこいりえ)の「美人の極意」

「内面育成メソッド心理学協会」代表
心理学を超え「直感で生きることの美しさ」を目指していきます

 

祈る、願う、思いやるをさらに超え「愛と行動をつなげること」

最近「愛とは何だろうな?」と改めて考えています。

愛とは存在である
 存在だから自分が感じるかどうかであり、
 相手に愛を見るという選択ができるかどうかでもある
 存在だからつかもうとするとわからなくなる

愛とは温かな関心をもつことである
 自分と他者との間にある境界をなくし、
 つながっている意識をもつこと
 バラバラではなくつながっている
 だから、遠くの他者に思いやりの気持ちが湧き、
 遠くの自然につながりをもち共存したいと思える


そんな風に思うに至り、
内面育成塾 第4章「愛~ファイナル」に書かせていただきました。
d0169072_06295638.jpg
A)イライラして当たり散らしている人を見た
「当たるなってどうかしている」と善悪を決めることもできるけれど、
「自分でもイライラが納まらなくて苦しいんだろうな」
と見ることもできるようになる。


B)少し発達障害なのだと思うけれど、集団行動ができずに、
 廊下でキーキー言いながら布団に登っている園児がいる

「キーキー言っているのはストレスなのかな?楽しいからかな?」
と見る事もできるようになる。

C)迷路のような東京駅の地下道で迷っている人がいた
あきらかに困っているのを感じとり
「お手伝いしましょうか?」と行動へ移すこともできる。


”温かな関心”というのはこんな感じです。
最近は、”愛ある心のうち”があればそれは愛なのか?と思うのです。


「心の中で祈る・願う」も大切だけれど、
「どこまで自分が他人のために動けるか?」という事が大切だなと。
そうしないと、現実的に何もよくならないのだよね。


愛ある行動。これが足りてないような気がしてきてね・・・
d0169072_18065636.jpg

困っている時には
「何かできることがあったら言ってね」という言葉にする行動が欲しいし、

この道路、本当に危ないな・・・と思ったら、
「危ないのですけれど」と役所に連絡する行動が必要。


こう、触らないようにして生きている部分があるように思うのです。

私含めてです。で、行動までいかないのはなぜかな?と考えると、
「まずは自分が大事だから」
がやっぱり出てくる。

ひえ―!見つけてしまいました。
仕事(講座やカウンセリング)では自分を空にして相手に接する事ができるのに、
「日常は自分の行動は、基本的には自身のためであり、
 余裕がたくさんあるときだけは動く」だったのです。

これは愛ある生き方ではない。
マザーテレサを見よ!でございます。

ムダな買い物をしない主義は、引っ越しの多さから培われましたが、
それでも、子どものためには「経験だから」と称して
おもちゃはわりとたくさん買ってしまい、
必要なくなればポイと捨てることとても多い。

ゴミ問題は”見ない振り”をしていたな・・・と。
なんだか、自分の行動がとても浅はかで、
反省する日々です。




今日は、自戒の意味をこめて、
ここに私の悪行!?を書いてみました。

人・地域・世界・環境・・・。つながっていることを
ちゃーんと意識して生活したいです。


丁寧に生きる事、
自分の行動のその先の影響を意識して生きると決めました!





【最新★セミナー一覧はこちら】>>

by kakoirie | 2017-12-13 06:48 |  | 栫井流の生き方 | Comments(0)

ブログトップ | ログイン


【内面育成メソッド
心理学協会】

--------------------------

心理学を仕事、子育て、自己実現に使いたい人を支援していく協会です

kakoirieをフォローしましょう
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム