Woman.excite
栫井利依(かこいりえ)の「美人の極意」

心理学をもっと身近な存在にする!「内面育成メソッド心理学協会」代表
私らしい美しさを目指して生き、自分哲学を極めます

開催セミナー情報
・ 【募集】「栫井式★内面育成メソッドを教える講師養成セミナー」
最新の心理学の知識を統合して学び、見えない心を理解し育ててけるようになります。
心に向き合う事ができる=「心の土台」です。

1位ディズニー、2位ユニバーサル、3位アンデルセン公園と言われています

「船橋アンデルセン公園」をご存知ですか? 
ディーズニー、ユニバーサルスタジオに続く人気スポットなんです。
d0169072_11545594.jpg
この方の記事とか、楽しくレポートされていますね♪
USJより人気!?「アンデルセン公園」を100倍楽しむ方法を地元民が教えます

6/18(日)は朝からどんより曇り空。午後は雨予報

ラッキーです
テンション上がる程度の程よい混み具合で楽しめました!
d0169072_11545039.jpg
d0169072_11545960.jpg
d0169072_11550376.jpg
レストランも並ばずバーベキュー席をゲット! 
d0169072_11554778.jpg

ダンナが励まし上手だから、やっとアスレチックも挑戦できたムスコ君!
わたくし感動です!
 
d0169072_11555056.jpg
14時から雨がふり退散しました。
おかげで疲れ果てずに帰宅!これ大事よね110.png

この日の夕飯はOisixのキットを予め手配しておいたので、
のんびりシエスタしました\(^o^)/
お幸せだわーん

 




【最新★セミナー一覧はこちら】>>

# by kakoirie | 2017-06-23 11:58 |  | ダンナー・Baby | Comments(0)

「ありのまま」を大切にしたいのか 「私はどう在りたいか」を大切にしたいか

【信頼を得るには責任(コミットメント力)が必要】

「この人と結婚しよう。」
そう決心し、誓いをたてるとします。

そうしたらね、
もし途中で投げ出したくなることが起こったとしても、
どうそれを乗り越えようとするか?が大切。それが信頼につながる。
そして、絆につながる。
 

だからね、何かあるとすぐに「離婚!」を口にしてしまうとか、
家事育児をすべて放棄して、
「私は自分を取り戻すのだ!」と扉を出てしまうとね、
その人は誰ともよい絆を持てないと思う。


「ありのまま」を大切にしたいのか
「私はどう在りたいか」を大切にしたいか



そこが、分かれ道になる。
 

私たちは大人です。
ぎりぎりまで調整するための知性も考えも自己制御もできるはず。

自分がもう本当に苦しい!と思う一歩手前まで挑戦する。

その結果「終わりにしたい」ならきっと誰も反対しない。
むしろ、手を差し伸べてくださる。
そこで得るものが大切な次への道へつながる。

「そこで得たもの」が
自己理解程度なのかそれ以上かで、
次の道への角度が決まっていきます。

 


大人になるという事は、人との信頼関係を築ける事でもあります。
子供のままという事は、ただの自分にとっての正直者で、
それでうまくいく関係と仕事だけを選択し続ける事。



どちらの人生もOKです。

前者は役割の人生へシフトしていきます。
後者は自己理解が人生のゴールできっと小説が書けます。


どちらの人生もOKだとして、どちらを選ぶかはその人次第。



私は前者を選びたいと思っています。

だから、辛い事も、問題が起こったとしても、向き合って考え続け、
自分と関わる人たちすべてのよい形を見つけていこうと思います。







【最新★セミナー一覧はこちら】>>

# by kakoirie | 2017-06-23 11:32 |  | 栫井流の生き方 | Comments(0)

「人生って一体なんなんだ」という6歳児の言葉が深い!

びっくりです。10日間もブログ更新していませんでした。
日常の事をFacebookに時々アップしていたんですけど、
完全に忘れていました(笑)
 
いくつかある記事から、これはブログに転載して残しておきたいなってものを書きます~
なので、Facebookでつながっている人は、
同じ文章なのでお許しくださいね~


--------------------------------
d0169072_11155886.jpg

「俺の人生は終わり終わり
 人生って何なんだ

 人生っていうのはな、
 相手のために喜ぶことをするのが人生なんだよ

 例えば、子供のためとか」


と、
「テレビのリモコン」と「タブレット」を
ママ(私)に隠された6歳のムスコが

となりの部屋で、ひとり言をブツブツいっています
私に聴こえるように・・・
 

そのセリフ、どこで習ったんじゃ?
 

私もダンナも、そんな事は言わん!(笑)






【最新★セミナー一覧はこちら】>>

# by kakoirie | 2017-06-23 11:18 |  | ダンナー・Baby | Comments(0)

「使命」与えられた任務や役割を知りたい・・・の裏にあるもの

先日参加させていただいたお食事会で、
「女性が使命を考えるような、そんな場を作りたい」と
おっしゃっる方がいました。とてもきれいな目をした男性でした。

使命

私も11年前にセミナー事業を立ち上げた時に考えたテーマです。
Woman.excite Polishを立ち上げた時の想い↓にありますが
 → http://polish-seminar.exblog.jp/4609863/

まずは、自分を知る事。

そうすれば、おのずと「自分らしい道」が決まるのです。

それがわかれば、
 仕事とプライベートのバランス
 仕事と自分の身体のバランス
がわかってきます。

ここから「私らしさ」がはじまって、
自分をもっと好きになる。
そして、周りの人への愛情が生まれてきて、

  私らしく生きているだけで、誰かに貢献する人生

がはじまっていくのではないでしょうか?

  使命・・・ 命を何に使うか。
  自分と誰かの幸せのために 使いたい。

だから、まずは「私らしく」。

そんな風に考えてきました。


その後「強み」という概念が一般化し、
そこから「強み」と「エゴ」が微妙に合わさり、
楽して成果をとるために「強み発掘しましょう」と、
「私らしく」が「強み発掘」にむやみにリンクされ始めているな~と感じたんですよね。


どんな風に結びついても、
参加している人にとっては大切なプロセスだから◎です。OKなんです!


でも、1つだけ自分の心を覗いて欲しい事があります。


使命やミッションを知りたい!と自分が思う時に、

「私はきっと他の人と違ってすごい人なの」
「平凡は凡人。私は特別枠の人のはずなの」


といった気持ちが入っていないかどうか?です。



約10年、3000人以上の女性の心に接して来た私としてはですね・・・
「私の使命を知りたい。ミッションを知りたい!」
と思うと苦しみ始める事がわかってきました。

生みの苦しみというより、迷いの苦しみ。
出口のないセミナーやセッション巡りが始まり、
アップダウンが激しいメンタルになりやすい。


何度もいいますが、いいんですよ。
それがダメと言っているわけじゃいなんですよ。

ただ、私がいつも伝えることは、
力まずに、もっと普通にしていていいよ でした。


だって、私がその方の物語りを聞いた時に、
うまく自分の性質にあった通りに状況が揃っているんです。
(自己否定が多い結果、「場や人を間違えている場合」には、
 使命がうんちゃらじゃなく内面育成塾ですよ!)



生きていれば、自然に使命を果たしていますから。
本当ですよ。

その時どきで、役割を与えられながら生きると、
使命を感じさせることが「ふと、瞬間的に感じられる」事がありますから。


(創業する場合には、使命やミッション大事ですよ。
それがぶれない方向性であり原点を思い出す軸になり、
複数の人を統率していく帆の向きになりますから。
それとは、別の話です。)


恐らく、男性にはこの「使命」がすごく大切なんですよね。
目標達成していく生き方に適した能力を持っていますから。

でも、女性はどうなのでしょうか。
女性はもっと ふんわり でいいように思うのです。




  私は自分の生きる時間を大切に思っているんです。
  だから、自分の心の帆の向きや、
  内から湧いてくるものを感じたら、
  それを受け取る生き方をしている人なのです。



そんな風に「在り方」として用いるとよいのではないかな?と思います。


心の向くままに、自分をとりまく状況を生きていく。
違和感を感じれば、関わる場や人を変えて自分をリセットしていく。
心の向くまま、直観を生かしてやりたいことをやっていく。


誰が何を言おうが「でも、こうしたいのよね」に従う
    ||
女性ならではの凛とした強さ


私はそんな女性でありたいな・・・と思っています。
d0169072_11001614.jpg
最後に・・・
「役割」をやり過ぎてしまうと、
「私の生き方、何かちがーーう!」と内側がいう事がある。
その時が切り替える時。すぐに変わらないけど、徐々に移行していくよ。

※ちなみに「使命」と「天命」は違いますからね~



【最新★セミナー一覧はこちら】>>

# by kakoirie | 2017-06-13 11:00 |  | 栫井流の生き方 | Comments(0)

本当に自分に効いている講座は、3ヵ月以降にじわじわくる

2週間後、講師養成セミナーにて復帰いたします。
休業中・・・ただ、毎日を生きました。
この時間が講座や今後の仕事にどう影響するのな?

答えを見つけるための休業ではなく、
意識(マインド)を超えたところを取り戻すための時間。
だから、それがどうなったか?なんて、今の私が知る必要はないのです。

知らなければ、わからなければ・・・は、マインド(エゴ)の声ですから。



さて、復帰第一弾!
といっても、この第一弾しか決めてないので、その後は未定なのですが(笑)

毎回満席を頂いている「内面育成メソッド講師養成セミナー」
d0169072_20554108.jpg
内面育成塾の2日間凝縮セミナーとして参加される
一般のお客様もご参加されます。
 

「私は内面育成のおかげで少しずつ生きるのが楽になりました」
 
「先生とお会いしてから半年以上が経ちます。
 ふと振り返ると、ネガティヴな感情の連鎖にはまることも無くなり、
 もしあっても、乗り越えることができる様になりました。
 そして不思議と、周りの人から逆に相談されることが増えて来ました。
 内面育成塾での学びが日々の中でとても役立っています。本当に感謝です🌸」
 
といった言葉を頂戴します。
ありがとうございます!!

 
とても嬉しいのが、そのご報告を頂くのが、
だいたい受講後の3~6か月後なのです。これが一番大事!♪

 
バーンとあがって「目覚めたわ!」「わかった!明日からもうダイジョブ」
とテンションで進んでしまうと、バーンと落ちるようです。
d0169072_16491959.jpg
講座で角度を変えたとしても、日常に戻ると上手くいく部分と、
行かない部分がある。いかない部分は学んだ事を活用して
あーだこーだと試していくんです。すると、元の自分の状態さえ忘れます(笑)
d0169072_16500978.jpg


本当に大切な事は、自分の土台を変容させる事。
講師にとっては、目の前で「わかりましたー」とか言ってもらった
ほうが「やった感」が出ますよね。感動して泣いているとか。
でも、そんのは本当にどうでもよくて、何をお渡しできたか?という事。

だからこそ、私の講座はシンプルです。
 
・学んだ知識をその後の生活で生かすために、
 覚えやすく、復習しやすく、簡単にできるメソッドであること

 

あと、基本的に少人数を心がけています。
一人一人に、今、角度を変えるための最初の「フッ」として息を吹きかけたいから。
川に葉っぱで作った小舟があるとしますよね。
その小舟に、ふーーっと息を吹きかけるんです。


・ふーっとした息は、衝撃的で混乱するらしいけど、
 私からのそのアドバイスを心に留める。
 その後、自分を観察しながら生きる




すると、
点と点がつながり、
知識と認識がつながり、
過去と自分の深い部分がつながり、
余分はものがはがれるから


そんな事が、
【わずか半年で起こるのがこの講座】。
 


きっと、その人が必要としている
流れへの入り口がこの講座。
自然と無意識がその方向へ向かわせるようです。 
 

私はその後はノータッチ。
でも、みんな勝手にその後の流れが変わっていくから不思議。
 
 
メソッドを作ったのは約10年前。
どうして当時の私は若くしてこれが作れたのかな?
 
瞑想しながら実は作っていたんです。
だから、たぶん・・・上にあるものを降ろしただけ。
地上にある知識を使い、シンプルにして作っただけ。

当時のノート。2007年かな?全然意味がわかんないです(笑)


d0169072_16574837.jpg
d0169072_16580325.jpg

d0169072_16581877.jpg
d0169072_16582694.jpg
受け取ってくださるかた
それを、役立ててくださる方、
ぜひ、大阪にいらしてください。
 
お待ちしています。
  
■6月24日(土)・25(日)大阪にて
内面育成メソッド講師養成セミナー【残席2】

http://naimen.jp/lecturer/lecturer-about/


ぜひ、いらしてくださいね
 
■テキスト購入希望はこちら>>
http://naimen.jp/naimen_text/


d0169072_15560755.jpg




【最新★セミナー一覧はこちら】>>

# by kakoirie | 2017-06-09 16:59 |  |-講師養成講座 | Comments(0)

ブログトップ | ログイン


【内面育成メソッド
心理学協会】

--------------------------

心理学を仕事、子育て、自己実現に使いたい人を支援していく協会です

kakoirieをフォローしましょう
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム