Woman.excite
栫井利依(かこいりえ)の「美人の極意」

「内面育成メソッド心理学協会」代表
「直感で生きることの美しさ」を伝えてまいります

 

「手のかかる子は人の何倍も手をかけてあげればいい」

3年前に「育児書が教えてくれない3歳までの子どもの世界」という
講座にご参加くださった
4児の母 長谷川 麻里子さん。
d0169072_18092753.jpg
はせまりさんが紹介してくださった
朝ドラ「べっぴんさん」エピソードにとても感動しました。
転載OKを頂いたのでお届けいたします。

元記事(全文)はこちらです>>

-------------------------

常に落ち着きがなく、
大事なものに落書きをしたり、
ぐちゃぐちゃにしたり、

叱ってもなだめても言うことをきかない、
モノを投げる、など
”やんちゃ”ではすまない男の子の母親が、

周りからも
「もっとしっかり言わないと」と責められ、

「どうしてうちの子だけいい子じゃないの?」
「どうやって育てたらいいかわからない」


と、子育てに悩んで追い詰められていました。



そのことを心配した夫が
妻の友人(主人公)夫婦の家に
相談に来ます。


その時に年配の女中きよさんが
みんなに言ったのが
このセリフ。


「手のかかる子は、
 …ええ悪いやなくて、
 人の何倍も手のかかる子はおるんです。」

「…どないしたらよろしやろか?」

「何倍も手をかけてあげたらええんです。
 まわりに何人も大人がおるでしょ?
 ”誰が親”やなくて
 みんなで育てるんです。」


  ***

場面が変わって、
主人公が友人たちの前で言います。


「龍ちゃん元気すぎて
 良子ちゃん(母親)1人やと大変やと思う。
 もちろん私1人でも大変。
 君ちゃん1人でも大変。
 明美さん1人でも大変。
 たけちゃん1人でも大変。
 
 だから、
 みんなで手をかけていこう?


 そういう子はきっと、
 人の何倍も幸せになるんやないかな?」

「ごめんね。良子ちゃん。
 つらい思いしてるの気付かなくて… ごめんね…」


-------------------------

集団行動が出来ない子、
力加減がどうしてもわからない子、
育ちの問題とか脳の発達の問題とか・・・わからないですよね。


「問題」と考えると「分離」が始まる。
自分が取り組むべき問題なら、「距離感」となるから効果あります。
でも、他人に対しては「他人事」になって目を背けてしまいがち。

私もそういう面、やっぱりちょっぴりある。
きっと、だからこそ、
この、はせまりさんの記事が妙に感動したんだと思います。


「何倍も手をかけてあげたらええんです。
 まわりに何人も大人がおるでしょ?
 ”誰が親”やなくて
 みんなで育てるんです。」



この精神で地域で助け合って子育てをしていく。
これから小学生になるから、保育園とちがって
近所にお友達というつながりができる。

この精神でいたいと切に思います。


勇気だして、声をかけていくんだ!
それで行き過ぎたら引っ込めればいい。
出していたものをひっこめる方が、
出さないでいるより簡単な事だから!!









【人気★栫井利依の4つのDVD・自宅用教材はこちら】>>

by kakoirie | 2017-12-18 18:20 |  | 栫井流の生き方 | Comments(0)

ブログトップ | ログイン


【内面育成メソッド
心理学協会】

--------------------------

心理学を仕事、子育て、自己実現に使いたい人を支援していく協会です

kakoirieをフォローしましょう
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム